デジタルセールス
・マーケター転職ノウハウ

転職活動の期間はどれくらいで計画すべき?
スケジュールと要点を解説!

転職活動のスケジュールイメージ

転職を行うには、ある程度の時間がかかります。この記事では一般的な転職活動のスケジュールと、「なるべく早く転職したい」「じっくりと時間をかけて転職したい」といった場合の注意点を紹介しています。

1. 一般的な転職活動の流れ

転職活動はスムーズに行っても3カ月ほどはかかるのが一般的。大まかな流れは以下のようになっています。

  • 自己分析と応募企業の絞り込み:2週間
  • 応募から書類選考結果通知まで:1~2週間
  • 書類選考通過後の面接:1~2週間
  • 最終面接から内定通達まで:1週間
  • 内定の承諾:1週間
  • 内定後、今の会社での引継ぎ、退職手続き:1カ月
転職活動のスケジュール

それぞれの項目について、少し詳しくみていきましょう。

1-1. 自己分析

転職における自己分析は、自分のこれまでの社会人経験を振り返り、自分の価値は何なのかを見出すためのもの。新卒時の自分の性格分析のようなものとは少し意味合いが異なります。自分が仕事をしていく上でどんな意識をもっていたか、何を大事にしているかを見つめ直すことで、将来的にどのように働いていたいかを明確にしていきましょう。 なぜ転職をするのか。その理由と目的をこの段階で明確にし企業選びの軸を作ります。

参考記事
「営業職必見! 受かる自己PRの書き方を解説!」

1-2. 業界・職種選び

転職活動では、自分のやりたいことばかりに気をとられないように注意してください。転職において、企業は即戦力を求めています。そのため「やりたいこと」と「できること」は分けて考えておく必要があります。自分が企業にどのような貢献ができるのか。これが転職活動におけるアピールポイントになります。

1-3. 企業や業界についての情報収集

自己分析を行い、自分の長所や短所、できること、優先したい条件を定めたら、次は具体的に企業や業界に関する情報を集めていきます。情報収集の仕方は企業の公式サイトだけにとどまりません。自身の職歴や希望条件を転職サイトや転職エージェントに登録しておくと、マッチした求人が自動的に集まってきます。自分の希望条件はあっても、それに即した企業探しは簡単ではありません。転職サイトや転職エージェントは積極的に活用するとよいでしょう。

参考記事
「営業職の企業選びのポイント〜どのような選択肢があるのかを解説!」

1-4. 応募・書類選考・面接

転職活動のイメージその

応募や書類選考に当たってやりがちなミスに「別の企業でも言えるような内容のものになってしまう」というものがあります。確かに自身の経歴や経験は、応募先によって変えることはできません。しかし、転職では即戦力が求められていることを忘れないようにしてください。相手企業がどんな人材を求めているか、それを自分が満たしているとアピールするための履歴書や職務経歴書なわけです。

相手企業に合わせてアピールポイントを変えていかなければ、あたりさわりのない内容になってしまい、書類選考の通過が難しくなってしまいます。 面接は書類選考を通過してから行われるのが一般的です。つまり採用担当は、応募者に対して悪い印象は持っていないわけです。

面接では応募者の経歴やアピールポイントについて深堀りしたいと企業側は考えています。緊張していてもしっかりと自分のキャリアビジョンや考えを伝えられるように準備しておきましょう。自分の頭の中にはしっかりとしたものがあっても、いざ誰かに伝えようとすると上手くいかないものです。必ず面接練習は行うようにしてください。

参考記事
「面接のポイントを採用部門の統括経験者が解説!」
「面接対策〜押さえておこう、想定質問と答え方〜」

1-5. 内定・入社準備

内定をもらうと入社準備が始まります。一般的に内定の承諾は通知後1週間以内の返答が求められますので、労働条件などの確認をし、問題がなければ承諾します。 転職が決まれば、当然今の会社の退職手続きを始める必要があります。多くの場合は退職する1カ月前までに退職届の提出が求められます。転職先の企業へ入社する日が決まっている場合は、それをふまえて退職日を設定します。

仮に今の職場に不満があって転職を行う場合でも、会社に迷惑をかけないようにするため、引継ぎは必須となります。不必要に義理を感じることはありませんが、退職届の提出からあまりに短期間で退職することになれば、きちんと引き継げない恐れがあります。転職を決意した段階から、ある程度マニュアル化できるところはしておくといった準備をしておくとよいでしょう。

2. 短期間で転職活動を終えたい場合

既に退職している、一刻も早く今の会社を辞めたいなど、さまざまな事情で転職活動の期間を短くしたい場合があります。しかし、書類選考や面接といった採用ステップをこちらの都合で変更することは基本的にできません。そのため、短期間で転職活動を終わらせたい場合には、自分主体でできることの無駄を省き、効率的に転職活動をすすめることが重要になります。

2-1.転職エージェントや転職サイトのスカウトサービスを積極的に使う

転職活動において、時間がかかりやすいのは企業選びです。自己分析と異なり、新たに情報を収集する必要があるので、自分にマッチした企業を探すのに時間がかかるためです。言いかえれば最も効率化できるところでもあります。候補企業の提案や日程調整まで任せられる転職エージェントや、転職サイトに情報登録するともらえるスカウトの2つに絞って企業選びをするのが有効です。

マーキャリNEXT CAREERでは、求人企業の社風や文化、業界予測などの視点からもアドバイスができますので、積極的にキャリアアドバイザーとの面談をご活用ください。

マーキャリ NEXT CAREER 無料キャリア相談を予約する
https://macari.satori.site/adviser_entry01

2-2.複数社同時に応募する

選考に関する期間やステップは、こちら主導で変更することはできません。そのため、スピードを重視するのなら複数の企業に同時に応募し、選考も並行して行うのが基本となります。また面接回数が少ないものや、急募の案件などもチェックするとよいでしょう。

3. 転職活動に時間がしっかりとかけられる場合

転職する意思はあるものの焦ってはいない場合や、よい企業があれば転職したいと考えている場合はしっかりと自己分析や情報収集に時間をかけられます。しかし、注意したいのはモチベーションの維持です。自分の中で期間を定める、よい企業が見つかれば積極的に応募するといったルールを設けて活動するとよいでしょう。

時間があるときに考えがちなのは「もっとよい企業があるかも」というもの。自分の中で希望条件を定め、それにマッチするのであれば応募するようにしないと、いつまで経っても転職活動がすすまないので注意が必要です。

それでも行き詰まってしまう場合は、積極的に転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談するといいでしょう。1社だけではなく、複数エージェントのキャリアアドバイザーと会話することでより多角的にフィードバックを受けて。解決の糸口が見つかるかもしれません。

マーキャリ NEXT CAREER 無料キャリア相談を予約する
https://macari.satori.site/adviser_entry01

キャリアアップのお悩みを
ご相談ください

転職に関する些細なお困りごとにも
専門特化したキャリアアドバイザーが
親身になってお伺いします

キャリアアップのお悩みをご相談ください